宝珠山立石寺(山寺)

宝珠山立石寺(山寺)

貞観2年(860)慈覚大師によって開かれました。全山が老杉に覆われた奇岩でできており、この地を訪れた松尾芭蕉が詠んだ「閑さや 岩にしみ入 蟬の聲」の名句はあまりに有名です。

goshintoku_title悪縁切り寺として知られ、奥の院まで続く1500段の石段を一段一段登るごとに煩悩が消えていきます。

goshuin_risshakuji

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*